読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love♡Shanty

アラフォー独女の日常

アトム 未来派 No.9〜もう慣れた〜

こんばんは、Shantyです。

 

※こちらは「アトム未来派No.9」発売前の記事です。発売後の記事はお手数ですがこちらをご覧下さい。

「 アトム 未来派 No.9 」 - Love♡Shanty

 

BUCK-TICKさんの予定はオフィシャルをご覧あれ。

BUCK-TICK Official Website

とりあえず

9月11日横浜アリーナ

9月21日シングル「NewWorld」

9月28日アルバム「アトム 未来派 No.9」

10月8日横須賀から12月29日日本武道館までホールツアースタート!

ですよー。

 

BUCK-TICKファンの順応性の高さな

毎日念仏のように「アトム 未来派 No.9」って呟いてたら、なんか、もう慣れちゃったんだけど。笑。

まだアルバム聴いてもいないのに。

既に違和感感じなくなってしまった…

むしろ期待しかない。(でも、ファンじゃない一般人に言うのはまだちょっと恥ずかしい)

社会生活を送る上では順応性低いくせにBUCK-TICKに関しては順応性めっちゃ高いのな。笑。

今思えば「極東より愛を込めて」も初めてタイトル聞いた時、「なんじゃこりゃ!どうしよう無理!」と思ったけども、その時のWARPDAYSツアーは最高に良かったし、今は無きベイNKホールで風船降ってくる終わり方は最高に感動したもんだ。

「細胞具ドリーソラミミPHANTOM」だって最初は意味がわからなかった。その後、「アンドロイドは電気羊の夢をみるか」と言う小説を読んで、そう言うことか!と納得したもんだ。

(関係無いけど「疾風のブレードランナー」を私のパソコンに入れると「疾走のブレードランナー」と出る。一文字違うだけなのにダサくて泣きそう。)

 

BUCK-TICKさんは寄らない

ファンが寄る。笑。

でもそれが良いんだ。ファンに寄ってくるアーティストなんて嫌だ。BUCK-TICKが日和っちゃダメだ。

だから鍛えられたBUCK-TICKファンは、「アトム未来派No.9」なんて凄いタイトルもすんなり受け入れる。(と、思う笑)

 

夏のBUCK-TICKと言えば、

 「6月の沖縄」とか思う人が多いのかな?

私の夏のBUCK-TICKと言えば、印象に残ってるのが「at the night side」と言う日比谷野音でやったLIVEアルバム。

これが夏だったんだよねー。 sid〜とかGIRLとかBUCK-TICKにしては凄く夏っぽい。

後はdtdとかdieも聞きたくなるなー。これは多分シェイプレスのトルコ写真のせい。暑い!って感じの写真だったからなぁ。

 

実は結構いるBUCK-TICKファン

先日職場でいかにも「ZARA女!」って感じのイマドキな感じの方がいらっしゃいました。

この売り場に興味を示すなんて珍しいなー…と思いながら接客してると…

「昔好きだったんですよー」と。

続けて「大阪ではヴィジュアル系が流行っててー」と。

モゴモゴと「コッチでも流行ってましたよー」と受け答えしながら様子を伺うとそのZARA女なお方は「黒夢とかLUNA SEAとかー」と仰いました。

やっぱりモゴモゴしながら「…私はBUCK-TICKが好きで…」と呟くと「実は私もです!」と言う力強いお言葉!!!

貴女もでしたかー!!!

その一般人への溶け込みっぷり凄い!

でも嬉しくなりました!笑

ちなみに私が行く美容室の担当美容師もBUCK-TICKファンだったりします。笑。

結構いるいるー。

 

なんて感じで、やっぱり楽しみ!

 

BUCK-TICKのNewWorldは期待しかない。

 

それでは!

 

♡Shanty♡