読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love♡Shanty

アラフォー独女の日常

世界は闇で満ちている

こんにちは、Shantyです。

 

サンキューレター

今のブランドから異動することになったので、現顧客様にお手紙書いたら?と言う提案をされ、じゃあ数人にお知らせしますかーと思っている次第。

お店の顧客様なら連絡しないんだけど、私めがけて来てくださる私の顧客様にはさすがに出さなきゃなーと内容を考えています。

 

そんな中、私めがけて来る小さいお客さん(3歳)が居るんだけど、この子にもなんか書くかーと、なんかカッコつけた人生訓みたいなの考えてたんだけど、浮かんだのが世界は闇で満ちて居る(BUCK-TICK)の歌詞の内容…

 

いや、待って、ドン引きしないで!

これから生きて行く上ですっごく励まされると思うんだよ!!

 

memento mori(訳:死を想え BUCK-TICK)じゃないだけ良いでしょ?!

 

以下抜粋

BUCK-TICK

世界は闇で満ちている

 

「世界は闇で満ちて居る

君が輝くために

でも世界は何も変わらないだろう

それでも夢に羽つけて飛ばせ

どこまでも」

 

根本的に、3歳児には難し過ぎるってところは置いといて、これ書いたハガキ出したらご両親にドン引きされるかしらん…(ご両親も私がBUCK-TICKファンって事は知ってるけどさ)

 

こんな事考えて出勤しながらBUCK-TICK聞いてたらどんどん感動して来て、しまいにはなんかもう今までの人生を走馬灯のように思い出しちゃって、「人生は愛と死!人生を楽しめ!」と言う間違った結論に達しました。笑。

 

BUCK-TICKのせいで間違った人生観を持ってしまった気もするけど、BUCK-TICKのお陰で後悔しない人生を送れている気がします。

 

「世界は闇で満ちている」や「memento mori」とか当然最高にいい曲なんだけど、それを語り出したらキリがないからまた今度。

 

んじゃ、行って来るかの。

 

Shanty